ラムフロム直営店 | ラムフロム公式サイト | ENGLISH/中文 | スタッフ募集 | ラムフロム公式facebookページはこちらから! ラムフロム公式twitterページはこちらから! ラムフロム公式Instagramはこちらから! ラムフロム公式Pinterestはこちらから!

メルマガ登録
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日

※土日の発送業務はお休みとさせて頂きます

ラムフロム・銀座店&EC事業部
スタッフ募集のお知らせ

 

アーティストプロフィール 一覧 >>

【現代美術家】奈良美智(ならよしとも/YOSHITOMO NARA)
(画家、彫刻家)

奈良美智xラムフロム コラボグッズ

※「奈良美智ぬいぐるみシリーズ」はオンラインストアでは販売しておりません

【奈良美智について】

現代アーティストの奈良美智は、現代アートの世界における、日本のアートシーンを代表する現代美術家の1人です。奈良美智の作品に数多く登場する可愛さと残酷さをあわせ持った、まさに「子供」たちは、見る者の多くにかつて自分の中に存在した、もしくは未だ存在する、かつての自分自身を思い起こさせます。

奈良美智は1984年に名古屋で開かれた初の個展『Paranoia(ウエストベスギャラリー コヅカ)』以降、国内外で数多くの個展やグループ展などの展覧会を開催しています。1988年にドイツへと渡り、数年後にドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミーのマイスターシュウラー(日本でいうところの修士号)を取得。その後、ケルンを拠点に制作された作品が欧米で話題となり、1998年には同じく現代アーティストの村上隆(むらかみたかし)と共に、カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)で3ヶ月間客員教授を勤めています。

その後、2000年8月にドイツから帰国。以降その活動拠点を日本へと移し、今も精力的に作家活動を続けている奈良美智は、2006年、美術館以外で開催された展覧会としては恐らく最大規模となった、青森県弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫で行われた展覧会『YOSHITOMO NARA + graf A to Z』を開催。3ヶ月間で8万人を動員したこの展覧会は、当時のアート業界を激震させました。

2013年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。近年は海外での展覧会開催も増えており、今後益々世界的な活動が注目されます。

【奈良美智作品について】

奈良美智の作品は主に、ドローイングや木の彫刻、FRP(繊維強化プラスチック)素材を使用した立体作品が多いですが、近年では陶器の立体作品にも取り組み、2010年6月に開催された奈良美智個展『セラミック・ワークス(小山登美夫ギャラリー)』で初めて発表されたそれらは大きな話題となりました。2012年には奈良美智展覧会(巡回展)『奈良美智:君や僕にちょっと似ている: a bit like you and me...』にて、初の大型のブロンズ彫刻作品も登場し、こちらも大きな話題となりました。

モチーフは初期の頃から子供達や動物がメインであり、それらは今も変わりありませんが、表現方法は確実に深化し続けており、今後ますます目が離せない現代アーティストの1人といえるでしょう。

【ラムフロムの奈良美智グッズ&書籍】

ラムフロムでは、1998年に製作された奈良美智腕時計「Slash with a Knife」を皮切りに、置き時計「パタパタクロック WALK ON」や奈良美智Tシャツ、缶バッジやバンダナなどのファッション雑貨、ステーショナリー等、数多くの奈良美智アイテムを製作しています。その中でも特に人気なのは、奈良美智展覧会の会場及び、ラムフロムの直営店でしか手に入らない「パップキング(Pup King)」をはじめとする奈良美智ぬいぐるみです。オンラインストアでは販売しておりませんので、ラムフロムお店でぜひチェックしてみて下さい。ラムフロムではこの他にも、国内外で開催された奈良美智展覧会グッズや展覧会カタログ(図録)も取り揃えております。

ラムフロムは「奈良美智書籍」の品揃えも豊富です。奈良氏が描いた初めての絵本「ともだちがほしかったこいぬ」をはじめ、自身の日記や未発表ドローイングが多数掲載されている「NARA NOTE」、「NARA YOSHITOMO HIROSAKI」などの希少な過去の展覧会カタログ(図録)、近年のものでは、11年振りに横浜美術館で開催さいれた奈良美智展覧会『奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている』の公式カタログ「Ceramic Works」や、2015年10月2日〜11月14日の期間、BLUM & POE 東京(ブラム・アンド・ポー・トーキョー)にて開催された奈良美智個展「Shallow Puddles」の展覧会図録まで、多数取り揃えております。今では入手困難となっている奈良美智特集雑誌もございます。

奈良美智グッズ(商品アイテム)は、ラムフロム直営店およびオンラインストアにてお買い求め頂けます。

奈良美智 経歴


  • 1959年 青森県生まれ
  • 1981年 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻に入学(1985年に卒業)
  • 1987年 同大学大学院修士課程を修了
  • 1988年 ドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミー(Kunstakademie Düsseldorf)入学、A.R.ペンク(A. R. Penck)氏に師事
  • 1993年 マイスターシュウラーを取得しアカデミーを修了
  • 1994年〜2000年 ドイツで制作活動
  • 1998年 村上隆と共に、カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)で3ヶ月間客員教授を勤める
  • 1995年 名古屋市芸術奨励賞受賞
  • 2000年 帰国
  • 2006年 武蔵野美術大学客員教授に就任
  • 2010年 ニューヨーク国際センター賞受賞
  • 2013年 芸術選奨文部科学大臣賞受賞

主な奈良美智展覧会


【2017年】

  • Yoshitomo Nara: Thinker - Pace New York
  • 7月15日 - 9月24日(予定) 個展:奈良美智 for better or worse(豊田市美術館)

【2015年】

  • 個展:Shallow Puddles(BLUM & POE 東京)

【2014年】

  • 個展:Greetings from a Place in My Heart(Dairy Art Center/ロンドン)
  • 個展:沢田マンションギャラリーroom38『3日間の奈良美智・ドローイングショウ』

【2012年-2013年】

  • 個展(巡回展):「奈良美智:君や僕にちょっと似ている」(横浜美術館、青森県立美術館、熊本市現代美術館)

【2010年】

  • 個展:セラミック・ワークス(小山登美夫ギャラリー/東京)
  • 個展:Nobody's Fool(Asia Society Museum/ニューヨーク)

【2009年】

  • 個展:Marianne Boesky Gallery(ニューヨーク)
  • 個展:Crated Rooms for Iceland(Hafnarhus, The Reykjavik Art Museum/レイキャヴィーク、アイスランド)

【2008年】

  • 個展 BALTIC現代美術センター(イギリス)

【2007年】

  • 個展:Yoshitomo Nara 奈良美智展(ハーグ現代美術館)
  • 2007年- 2008年 個展:奈良美智+graf「Torre de Malaga (Tower of Malaga)」(マラガ現代美術館)

【2006年】

  • 個展:奈良美智+graf「A to Z」 (吉井酒造煉瓦倉庫)
  • 個展:Moonlight Serenade -月夜曲(金沢21世紀美術館)
  • 2006年- 2007年 グループ展:広島市現代美術館コレクションによる『この20年の、20のアート』(札幌芸術の森美術館)

【2005年】

  • 個展:From the Depth of My Drawer(吉井酒造煉瓦倉庫)
  • グループ展:奈良美智+graf「A to Z」( 横浜トリエンナーレ)
  • グループ展:とがびアートプロジェクト2005(長野県千曲市戸倉上山田中学校)

【2004年】

  • 個展(巡回展):From the Depth of My Drawer( 原美術館、金津創作の森、米子市美術館、吉井酒造煉瓦倉庫、ロダンギャラリー/ソウル)

【2003年〜2005年】

  • 個展(巡回展):Nothing Ever Happens(クリーブランド現代美術館、ペンシルベニア大学現代美術館、サンノゼ美術館、セントルイス現代美術館、ホノルル現代美術館)

【2001年〜2002年】

  • 個展(巡回展):I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.(横浜美術館、芦屋市美術博物館、広島市現代美術館、北海道立旭川美術館、吉井酒造煉瓦倉庫)

【2000年】

  • 個展:Walk On(シカゴ現代美術館)
  • 個展:Lullaby Supermarket(サンタモニカ美術館)

【1999年】

  • 個展:Walking alone( ザ・ギンザアートスペース(現 資生堂ギャラリー)/東京)

【1984年】

  • 初の個展 (名古屋市)
  • グループ展「奈良美智、三浦孝治二人展」 SPACE DENEGA 弘前市での初の展覧会