ラムフロム直営店 | ラムフロム公式サイト | ENGLISH/中文 | スタッフ募集 | ラムフロム公式facebookページはこちらから! ラムフロム公式twitterページはこちらから! ラムフロム公式Instagramはこちらから! ラムフロム公式Pinterestはこちらから!

メルマガ登録
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

※土日の発送業務はお休みとさせて頂きます

ラムフロム・銀座店&EC事業部
スタッフ募集のお知らせ

 

アーティストプロフィール 一覧 >>

【彫刻家】三沢厚彦(みさわあつひこ/Atsuhiko Misawa)
(彫刻家、画家)

三沢厚彦 ANIMALSグッズ

【三沢厚彦について】

現代アーティストの三沢厚彦(みさわあつひこ)は、ゾウや、ライオン、キリンなどの動物をモチーフに、九州の楠の丸太を使用したほぼ原寸大の木彫で高い注目を集めている日本人美術家です。

現代美術の流行にとらわれず、自分がごく自然に作りたいと思ったものをごく普通に創ることをモットーとし、かつそうして作り上げた作品が、自分自身の思いではなく、見る人の持つ思いによって様々な見え方になることを素直に喜び、そして楽しんでいる。そんな三沢厚彦が生み出す彫刻作品は、細部までリアルな動物の姿の彫刻でありながら、その表情はどれも言葉では言い表せない正体不明のユニークさや不思議さを醸し出しており、どこか、ファンタジーの世界の生き物を目の前にしているかのような印象を受けます。

1961年に京都に生まれ、幼少の頃の遊び場は鴨川の渓流だったという三沢少年は、美術好きな両親の影響もあってか、小学校の頃から彫刻家になるのが夢だったそうです。中学を卒業後、その夢を実現する第一歩として美術高校の彫刻家に進学(でも当時は音楽に没頭していた模様)。その後、東京芸術大学美術学部彫刻科へと順調に進み、本格的に木彫刻に取り組み始めます。幼少の頃から自然に親しんで来た三沢氏が、木の匂いや温もり、感触に触れながら作業出来る木彫を選んだのは、ごく自然な選択であったと思います。

1995年から本格的に個展を開始しますが、1997年から東京芸術大学美術学部彫刻科非常勤講師や、武蔵野美術大学造形学部彫刻学科非常勤講師を務めており(2006年からは武蔵野美術大学造形学部彫刻学科客員教授)、暫くの間、年間開催数は年に1度ぐらいのペースでした。しかし、2006年に青森県の吉井酒造煉瓦倉庫で開催された、奈良美智+graf展覧会『AtoZ』に作品を出展したのをきっかけに注目を集めるようになり、個展の回数は増え、近年は毎年展覧会が日本各地で開催されており、その規模も年々大きくなっています。


【三沢厚彦グッズ&書籍】

ラムフロムでは現在、三沢厚彦の動物をモチーフとした木彫作品やドローイング作品をモチーフにした三沢厚彦グッズ「ANIMALS」シリーズを販売中です。

定番人気のANIMALSポストカードやマスキングテープ、メモやノートなどのステーショナリーに、最近登場した動物の彫刻作品の”体の模様”を全面プリントしたエコバッグや缶バッジシリーズなどのファッション雑貨、ドローイング作品をモチーフにしたダイカットクッションの中に、精油を塗った樟のブロックを入れて香りを楽しむインテリア雑貨「ANIMALS サシェ」シリーズなどなど、キュートな三沢厚彦グッズを多数取り揃えております。

三沢厚彦グッズ(商品アイテム)は、ラムフロム直営店およびオンラインストアにてお買い求め頂けます。


三沢厚彦 経歴


  • 1961年 京都府に生まれる
  • 1987年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
  • 1989年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了
  • 1997-2001年 東京藝術大学美術学部彫刻科非常勤講師
  • 2001年 第20回平櫛田中賞受賞
  • 2003-2005年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科非常勤講師
  • 2005年 第15回タカシマヤ美術賞受賞
  • 2007年 第34回長野市野外彫刻賞を受賞
  • 2006-10年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科客員教授
  • 2011年ー 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科特任教授


主な三沢厚彦展覧会


【2017年】

  • (予定)10月7日(土)〜11月26日(日) 三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館(渋谷区立松濤美術館)

【2016年】

  • ANIMALS in ARTPLAZA

【2015年】

  • 三沢厚彦 ANIMALS in 成羽(高梁市成羽美術館、岡山)
  • 三沢厚彦 アニマルズ 2015 in 釧路(釧路市立美術館、北海道)

【2014年】

  • 三沢厚彦 新作石版画展(KIDO Press, Inc. 東京)
  • 三沢厚彦 ANIMALS in ASAGO(あさご芸術の森美術館、兵庫)
  • 三沢厚彦 ANIMALS in 高松(高松市美術館)
  • 三沢厚彦 ANIMALS in 岩手(岩手県立美術館)
  • 2014-15年 三沢厚彦 ANIMALS in 周南(周南市美術博物館、山口)

【2013年】

  • 三沢厚彦 ANIMALS 2013 in 三重(三重県立美術館)
  • 三沢厚彦 ANIMALS in HAMAMATSU(浜松市美術館、静岡)

【2012年】

  • 三沢厚彦 アニマルズ 2012(香美市立美術館、高知)
  • 三沢厚彦 ANIMALS 2012(西村画廊)

【2011年】

  • 三沢厚彦 Meet The Animals-ホームルーム(京都芸術センター)
  • 三沢厚彦 アニマルズ 2011(金津創作の森、福井)
  • 2011-12年 三沢厚彦 アニマルズ '11 in Yonago(米子市美術館、鳥取)

【2010年】

  • ANIMALS in TOCHIGI(栃木県立美術館
  • ANIMALS in KIRISHIMA(鹿児島県霧島アートの森
  • 三沢厚彦 ねこと小鳥(ギャラリートラックス、山梨
  • 三沢厚彦 木彫・ドローイング(ギャラリーたむら、広島)

【2009年】

  • ANIMALS in AAC(愛知県美術館)

【2008年】

  • ANIMALS '08 in YOKOHAMA(そごう美術館)

【2007年】

  • もう一つの三沢厚彦展(西村画廊)
  • Animals(桜華書林、長野)
  • ANIMALS in graf(graf media gm、大阪)
  • 2007-8 ANIMALS+(平塚市美術館、北海道立旭川美術館、高崎市美術館、伊丹市立美術館、ふくやま美術館)

【2005年】

  • ANIMALS05(西村画廊)

【2004年】

  • 三沢厚彦展(ギャラリーたむら、広島/'08)

【2003年】

  • Dogs(桜華書林、長野)
  • ドローイング 動物たち(西村画廊)

【2002年】

  • ANIMALS02(西村画廊)

【2001年】

  • 第20回平櫛田中賞受賞記念 三沢厚彦展(高島屋本店6階美術画廊、東京/井原市立田中美術館、岡山)

【2000年】

  • ANIMALS(西村画廊、東京)

【1998年】

  • INAXギャラリー2、東京

【1995年】

  • 横浜ガレリアベリーニの丘ギャラリー、神奈川