ラムフロム直営店 | ラムフロム公式サイト | ENGLISH/中文 | スタッフ募集 | ラムフロム公式facebookページはこちらから! ラムフロム公式twitterページはこちらから! ラムフロム公式Instagramはこちらから! ラムフロム公式Pinterestはこちらから!

メルマガ登録
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
年末休業日

※土日の発送業務はお休みとさせて頂きます

ラムフロム・銀座店&EC事業部
スタッフ募集のお知らせ

 

アーティストプロフィール 一覧 >>

【前衛芸術家】草間彌生(くさまやよい/Yayoi Kusama)
(前衛彫刻家,画家,小説家)

草間彌生xラムフロム コラボグッズ

【草間彌生について】

日本の現代アート界を代表する前衛彫刻家であり画家である草間彌生(くさまやよい)は、若干16歳にして第一回全信州美術展覧会(現在の長野県美術展覧会)に入選後、日本画家を目指し学び始めますが、旧弊な日本画壇を嫌い、一度は実家に戻るものの、1952年に地元で開いた個展に偶然立ち寄った精神科医、西丸四方氏との出会いをきっかけに、人生の転機が訪れます。

1957年に渡米すると、ニューヨークを拠点に作家活動を開始。鏡や電飾を使用した環境彫刻やソフトスカルプチャーといった立体作品に留まらず、ボディペインティングやファッションショーを通しての反戦運動など、「ハプニング」と称した多数のパフォーマンスも精力的に行い、いつしか「前衛の女王」と呼ばれるようになります。

1968年には自作自演映画『草間の自己消滅』が数々の映画賞を受賞し、世界的にも認められた現代アーティストとなりますが、パートナーであった「箱のアーティスト」として知られるジョセフ・コーネルが1972年に亡くなったのをきっかけに体調を崩し帰国。以降は活動拠点を日本に置き、『マンハッタン自殺未遂常習犯』や『クリストファー男娼窟』などの小説を発表したことで、暫く小説家としての才能に注目が集まっていましたが、1993年、ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として参加をしたことで、再び現代アーティスト草間彌生が再評価され始めます。1996年以降日本国内外で数々の賞を受賞し、80歳を超えた今なお作品を精力的に作り続け、各地で展覧会を行っています。

【草間彌生作品について】

草間彌生は幼少期より、幻覚や幻聴に襲われる統合失調症を病み、しかしその苦しみから逃れる為に描き始めたという、水玉や網模様をモチーフにした絵が、初期の作品から現在に至る作品まで、あらゆる草間作品の原点となっています。草間彌生を知らないという人でも、黒い水玉模様の黄色いカボチャの立体作品や、赤い水玉模様のソフトスカルプチャーを見たことがある人という人は多いのではないでしょうか。

草間彌生作品には他にも、1994年の作品『黄樹(Yellow Trees)』や、2000年の作品『Infinity Dots CR』など数多くの作品があり、それらはラムフロムのオリジナルポストカードにもなっていますが、一度見たら最後、それは見た者の網膜に焼き付き、その脳裏に深く刻まれてしまうという、その体験はまさに彼女が幼少期より逃れたくても逃れられないでいる幻覚や幻聴を追体験しているような、そんなとても強烈な印象を見る者に与えます。

一方で、2004年に森美術館で開催された草間彌生展覧会『クサマトリックス』展で発表された、草間彌生自身が少女時代に憧れた理想の女の子たちを描いたという作品『ハーイ、コンニチワ!』や、2010年4月に青森県十和田市で行われた、草間彌生の大規模屋外インスタレーション『愛はとこしえ 十和田でうたう』にて発表された犬の作品『RING-RING(リンリン)』や『TOKO-TON(トコトン)』といった、かわいらしいポップな作品もあり、見る者に楽しさを与えてくれます。

日本を代表する現代美術家の巨匠、草間彌生の作品に興味のある方は、是非一度、草間彌生展覧会へ足を運び、あの幻想的で圧倒的な草間彌生ワールドを直に体感してみて下さい。

【ラムフロムの草間彌生グッズ&書籍】

ラムフロムと草間彌生の最初のコラボレーションアイテムは、2004年に森美術館で開催された草間彌生展覧会『クサマトリックス』展にあわせて製作された『Balloon ソフトスカルプチャー』でした。『Pumpkin ソフトスカルプチャー』とともに、発売以来多数のメディアに取り上げられ、現在もロングセラーとなっているインテリアアイテムです。また、草間彌生本人がラムフロムのために描き下たドローイングをモチーフに製作された、ラムフロムオリジナルの草間彌生バンダナや、草間さんの理想の女の子たちどのドローイングから生まれた缶バッジシリーズ、数ある草間彌生Tシャツの中でもずば抜けてインパクトがある真っ赤な水玉の草間彌生Tシャツに、逆にとってもシンプルでスタイリッシュな南瓜Tシャツなど、ファッションアイテムからステーショナリーまで、数々のアートグッズを企画製作しております。

ラムフロムでは他にも、草間彌生公式グッズや草間彌生展覧会グッズ、作品集や特集雑誌、ドキュメンタリー映画DVDなど、多数取り揃えております。

草間彌生グッズ(商品アイテム)は、ラムフロム直営店およびオンラインストアにてお買い求め頂けます。

草間彌生 経歴


  • 1929年 長野県松本市生まれ
  • 1949年 京都市美術工芸学校卒業
  • 1958年 渡米、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表。1975年の帰国までニューヨークを拠点に活動
  • 1975年 帰国、美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表
  • 1983年 小説「クリストファー男娼窟」で第10回野生時代新人賞を受賞
  • 1986年 フランスのカレー市美術館、ドール美術館にて個展
  • 1989年 ニューヨーク国際芸術センター、イギリスオックスフォード美術館にて個展
  • 1993年 第45回ベニスビエンナーレに参加
  • 2000年 第50回芸術選奨文部大臣賞、法務大臣賞を受賞。フランス、ル・コンソルシウムで始まった個展は、ヨーロッパ、アジア、6箇所を巡回
  • 2001年 朝日賞(朝日新聞文化財団)受賞
  • 2002年 松本市美術館開館記念個展、紺綬褒章授賞
  • 2003年 フランス芸術文化勲章オフィシェ受勲、長野県知事表彰(芸術文化功労)受賞
  • 2004年 日本初の大規模個展「クサマトリックス(森美術館)」開催(ラムフロム初の草間彌生グッズも発売!)
  • 2006年 ライフタイム アチーブメント賞(芸術部門)、旭日小綬賞、高松宮殿下記念世界文化賞(第18回)絵画部門 受賞
  • 2008年 ドキュメンタリー映画(ニアイコール) シリーズ第5弾「草間彌生 わたし大好き」公開
  • 2012年 新宿区栄誉区民顕彰。アメリカン・アカデミー・オブ・アーツ&レターズ会員。ルイ・ヴィトンとのコラボレーション「LOUIS VUITTON × YAYOI KUSAMA Collection」を発表
  • 2016年 文化勲章受章
  • 2017年10月1日 草間彌生美術館オープン(予定)

主な草間彌生展覧会


【2018(予定)】

  • 2018年3月-2018年5月 Yayoi Kusama: Infinity Mirros(オンタリオ美術館、カナダ)
  • 2018年7月-20018年10月 Yayoi Kusama: Infinity Mirrors(クリーブランド美術館、アメリカ)

【2017】

  • 2017年10月-2018年1月 Yayoi Kusama: Infinity Mirrors(ブロード美術館、ロサンゼルス)
  • 2017年6月30日-2017年9月10日 Yayoi Kusama: Infinity Mirrors(シアトル美術館)
  • 2017年2月23日-2017年5月14日Yayoi Kusama: Infinity Mirrors(ハーシュホン美術館、ワシントン)
  • 2017年2月22日-2017年5月22日 「草間彌生 わが永遠の魂」(国立新美術館)

【2016】

  • 「Yayoi Kusama: Dots Obsession」Sharjah Art Foundation、シャルジャ
  • 「Yayoi Kusama」Victoria Miro、イギリス・ロンドン
  • 「Footprints of Life」Ward Village Courtyard、ハワイ・ホノルル
  • 「IN INFINITY」(巡回)Henie Onstad Kunstsenter、ノルウェー・オスロ/Moderna Museet、スウェーデン・ストックホルム/ヘルシンキ市立美術館、フィンランド・ヘルシンキ

【2015】

  • 「IN INFINITY」(巡回)Louisiana Museum of Modern Art、デンマーク・コペンハーゲン
  • 「Infinity Theory」Garage Museum of Contemporary Art、ロシア・モスクワ
  • 「KUSAMA YAYOI: A Dream I Dreamed」(巡回)高雄市立美術館、台湾・高雄/国立台湾美術館、台湾・台中
  • 「Give Me Love」David Zwirner、アメリカ・ニューヨーク

【2014】

  • 「Yayoi Kusama: Obsessão Infinita」(巡回)Instituto Tomie Ohtake、ブラジル・サンパウロ/Museo Tamayo、メキシコ・メキシコシティ
  • 「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(巡回)熊本・熊本市現代美術館/秋田・秋田市立千秋美術館/愛知・松坂屋美術館
  • 「KUSAMA YAYOI: A Dream I Dreamed」(巡回)Seoul Arts Centre、韓国・ソウル
  • 「KUSAMA YAYOI: A DREAM IN JEJU」Bonte Museum、韓国・済州
  • 「Yayoi Kusama: Pumpkins」Victoria Miro、イギリス・ロンドン

【2013】

  • 「Yayoi Kusama: I Who Have Arrived in Heaven」David Zwirner、アメリカ・ニューヨーク
  • 「Yayoi Kusama: Obsessão Infinita」(巡回)Malba - Fundacacion Constantini、アルゼンチン・ブエノスアイレス/Centro Cultural Banco do Brasil、ブラジル・リオデジャネイロ
  • 「KUSAMA YAYOI: A Dream I Dreamed」(巡回)大邱美術館、韓国・大邱/上海当代芸術館、中国・上海
  • 「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(巡回)日本・静岡県立美術館、大分市美術館、高知県立美術館

【2012】

  • 「Yayoi Kusama」 Whitney Museum of American Art、アメリカ・ニューヨーク
  • 「Yayoi Kusama」 Tate Modern、イギリス・ロンドン

【2011】

  • 「Yayoi Kusama」Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia、スペイン・マドリード
  • 「Yayoi Kusama: Look Now, See Forever」Gallery of Modern Art, Queensland、オーストラリア・ブリスベン

【2009】

  • 「Yayoi Kusama at Fairchild」Fairchild Tropical Botanic Garden、アメリカ・マイアミ
  • 「YAYOI KUSAMA: I Want to Live Forever」Padiglione d'Arte Contemporanea、イタリア・ミラノ
  • 「草間彌生-増殖する部屋」Six、日本・大阪
  • 「Yayoi Kusama: Outdoor Sculptures」Victoria Miro、イギリス・ロンドン
  • 「Yayoi Kusama: Flowers That Bloom at Midnight」Gagosian Gallery、アメリカ・ロサンゼルス
  • 「高橋コレクション日比谷オープン記念草間彌生展」高橋コレクション日比谷、日本・東京
  • 「Yayoi Kusama」Gagosian Gallery、アメリカ・ニューヨーク
  • 「Yayoi Kusama: Mirrored Years」Museum of Contemporary Art, Australia、オーストラリア・シドニー

【2008】

  • 「Pumpkin Forever」フォーエバー現代美術館ギャラリー、日本・秋田
  • 「草間彌生」松本市美術館、日本・長野
  • 「Yayoi Kusama」Victoria Miro Gallery、イギリス・ロンドン
  • 「Japan! Culture+Hyper Culture」The Kennedy Center、アメリカ・ワシントンD.C.
  • 「草間彌生」オオタファインアーツ、日本・東京
  • 「Yayoi Kusama: Mirrored Years」Museum Boijmans Van Beuningen、オランダ・ロッテルダム

【2007】

  • 「Yayoi Kusama: Dots Obsession - Dots Transformed into Love」(巡回)Haus der Kunst、ドイツ・ミュンヘン/WIELS、ベルギー・ブリュッセル
  • 「Yayoi Kusama」Roslyn Oxley 9 Gallery、オーストラリア・シドニー
  • 「草間彌生」静岡県立美術館、日本・静岡
  • 「Yayoi Kusama」Victoria Miro Gallery、イギリス・ロンドン
  • 「Dots Obsession - Soul of Pumpkin」HARBOUR CITY、香港

【2006】

  • 「草間彌生」島根県立石見美術館、日本・島根
  • 「YAYOI in FOREVER」フォーエバー現代美術館ギャラリー、日本・秋田
  • 「Yayoi Kusama」Arndt&Partner、ドイツ・ベルリン
  • 「Yayoi Kusama Metamorphosis」Galleria Civica di Modena、イタリア・モデナ
  • 「Yayoi Kusama」Robert Miller Gallery、アメリカ・ニューヨーク
  • 「Crimson Eye」Galerie Piece Unique、フランス・パリ

【2005】

  • 「Yayoi Kusama」Roslyn Oxley 9 Gallery、オーストラリア・シドニー
  • 「Yayoi Kusama」Studio Guenzani、イタリア・ミラノ
  • 「Yayoi Kusama 60's Fashion」MOMA コンテンポラリー、日本・福岡
  • 「Yayoi Kusama」Jean Art Gallery、韓国・ソウル

【2004】

  • 「クサマトリックス」日本・森美術館(東京)/芸術の森美術館(北海道)
  • 「草間彌生、永遠の現在」日本・東京国立近代美術館/京都近代美術館/広島現代美術館/熊本現代美術館/松本市美術館(長野)

【2003】

  • 「草間彌生展 Labyrinth-迷宮の彼方に」(巡回)日本・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)/北海道立釧路美術館(北海道)
  • 「KUSAMA YAYOI LOVE FOREVER」Fabian & Claude Water Galerie、スイス・チューリッヒ
  • 「Yayoi Kusama」Galerie Piece Unique、フランス・パリ
  • 「Yayoi Kusama」(巡回)Kunstverein Braunschweig、ドイツ・ブラウンシュヴァイク/Zacheta National Gallery of Art、ポーランド・ワルシャワ

【2002】

  • 「Yayoi Kusama: Solitude of the Earth」Robert Miller Gallery、アメリカ・ニューヨーク
  • 「Yayoi Kusama」Roslyn Oxley 9 Gallery、オーストラリア・シドニー
  • 「草間彌生」オオタファインアーツ、日本・東京
  • 「Yayoi Kusama/Furniture」graf、日本・大阪
  • 「草間彌生 魂のおきどころ」松本市美術館、日本・長野
  • 「水玉の楽園 草間彌生展」霧島アートの森、日本・鹿児島
  • 「Yayoi Kusama」Robert Miller Gallery、アメリカ・ニューヨーク
  • 「Yayoi Kusama」Bass Museum、アメリカ・マイアミ

【2001】

  • “Century City”, Tate Modern, London
  • “les snnees Pop”, Centre Pomoidou, Paris
  • “Collaborations with Parkett 1984 to Now”, The Museum of Modern Art, New York
  • “Death of an Illusion”, Piece Unique, Paris
  • 「横浜トリエンナーレ2001 メガ・ウェイブー新たな総合に向けて」、 パシフィコ横 浜展示ホール、赤レンガ一号倉庫(神奈川)
  • 「Yayoi Kusama」Studio Guenzani、イタリア・ミラノ
  • Silver, Leo Castelli, New York

【2000】

  • “Yayoi Kusama”, Serpentine Gallery, London
  • “Yayoi Kusama”, Piece Unique, Paris
  • “Yayoi Kusama Early Drawings”, from the Collection of Richard Castellane, The Art Museum, Princeton University, New Jersey, / Birmingham Museum of Art, Alabama, / Art Gallery of York University, Toronto, Ontario, / Indianapolis Museum of Art, Indiana, / Munson-Williams-Proctor Arts Institute, Utica, New York,
  • “Yayoi Kusama”, Le consortium, Dijon, France, / Maison de la culture du Japon, Paris,/ Kunsthallen Brandts ÆDefabrik, Denmark, / Les Abattoirs, Toulouse, France, / Kunsthalle Wien, Vienna, / Artsonje Center, Seoul, Korea, / Artsonje Museum, Gyeongsangbuk-do, Korea,
  • “Hyper Mental”, Kunsthaus, Zurich

【1999】

  • 「草間彌生、Love Forever : YAYOI KUSAMA 1958-1968  In Full Bloom: YAYOI KUSAMA, Years in Japan」 東京都現代美術館(アメリカからの巡回)
  • 草間彌生のメッセージ ふるさとから世界へ 松本市立博物館 日本民族資料館2階展示室(長野)
  • “Yayoi Kusama, Installations”, Robert Miller Gallery, New York

【1998】

  • “Out of Action 1949-1979 Between Performance and Object”, Museum of Contemporary Art, Los Angeles, / MAK-Austrian Museum of Applied Arts, Vienna / Museu d’art Contemporani Barcelona /東京都現代美術館(東京)
  • “Love Forever : YAYOI KUSAMA 1958-1968”, Los Angeles County Museum of Art, / The Museum Modern Art, New York, / Walker Art Center,
  • “Mirror Images: Women”, Surrealism and Self-Representation, MIT List Visual Arts Center, Massachusetts, U.S.A., / Miami Art Museum, U.S.A., / San Francisco Museum of Modern Art, San Francisco
  • “Yayoi Kusama Now”, Robert Miller Gallery, New York
  • “The将将Bienal de Sao Paulo”, Sao Paulo, Brazil
  • “Yayoi Kusama”, Victoria Miro, London, UK
  • “Taipei Art fair International When East Meets West”, Taipei, China
  • "Yayoi Kusama", Piece Unique, Paris,

【1997】

  • "Art Fashion", Guggenheim Museum, Soho, New York,
  • "Yayoi Kusama", Obsessional Vision, The Arts Club Chicago, Chicago,
  • "Kusama's Kusama", オオタファインアーツ(東京)
  • "Yayoi Kusama", A Snake; Andy Warhol: Silver Clouds, D'Amerio Terras, New York,

【1996】

  • 「草間彌生、我が青春の展望」、MOMAコンテンポラリー(福岡)
  • "Now Here", Louisiana Museum of Modern Art, Denmark
  • "L'informe: Mode d'emploi", Centre Georges Pompidou, Paris
  • "Yayoi Kusama: The 1950s and 1960s", Paula Cooper Gallery, New York
  • 「草間彌生の絵画」、オオタファインアーツ(東京)
  • "Yayoi Kusama", Recent Work, Robert Miller Gallery, New York,
  • "New Installations", Mattress Factory, Pittsburgh, MA, U.S.A.
  • 「フォト・コラージュ レペティティブビジョン」、 MOMAコンテンポラリー(福岡)

【1995】

  • "Japan Today", Louisiana Museum, Humlebaek
  • 「草間彌生:自殺した私」、オオタファインアーツ(東京)

【1994】

  • 「戦後日本の前衛美術」、横浜美術館(神奈川)/ Guggenheim Museum, Soho, New York / San Francisco Museum of Art
  • 「草間彌生展」、駒ヶ根高原美術館(長野)
  • 「草間彌生展」、長野県立信濃美術館
  • 「草間彌生展、我ひとり逝く」、フジテレビギャラリー(東京)

【1993】

  • "Yayoi Kusama", Galleria Valentina Moncada, Rome
  • "Yayoi Kusama", Galleria Cardazzo, Venice
  • "Yayoi Kusama", Gallerie d'Arte del Naviglio, Venice, Italy
  • "Yayoi Kusama", The 45th Venice Biennale, Japanese Pavillion, Venice
  • "Prints exhibition", Fukuoka Art Museum,
  • "Infinity of Space and Light in the 1950s and 1960s: Yayoi Kusama from the collection of Richard Castellane", Picker Art Gallery, Colgate University, Hamilton, New York, Esquire

【1992】

  • 「草間彌生展」、Bunkamura Gallery(東京)
  • 「草間彌生展」、はじける宇宙 草月美術館(東京)、新潟市美術館

【1991】

  • 「草間彌生のコラージュ 1952ー83」、なびす画廊(東京)
  • 「草間彌生展」、MOMAコンテンポラリー(福岡)
  • 「The 2nd Tokyo Art Expo 1991」、東京国際見本市会場(晴海)
  • 「草間彌生展」、Bunkamura Gallery(東京)
  • 「草間彌生展」、天と地の間 フジテレビギャラリー(東京)

【1990】

  • "AERONART", Grand Palais, Paris / CNIT, Paris / Loire Castles / Kronenbourg Gallery, Paris

【1989】

  • "Yayoi Kusama", A Retrospective, Center of International Contemporary Arts, New York
  • "Yayoi Kusama", Soul Burning Flashes, Museum of Modern Art, Oxford, England

【1988】

  • 「草間彌生展、魂を燃やす閃光」、フジテレビギャラリー(東京)
  • 「草間彌生展、魂を燃やす閃光」、箱根彫刻の森美術館(神奈川)

【1987】

  • 「草間彌生展」、北九州市立美術館(福岡)

【1986】

  • "Yayoi Kusama", Musée de Beaux-Arts de Calas / Musée Municipal, Dôle, France
  • 「草間彌生展、Infinity ∞ Explosion」、フジテレビギャラリー(東京)
  • "Yayoi Kusama", Galerie Christian Chenau, Paris

【1985】

  • 「パフォーマンス”婆沙羅の花”」

【1984】

  • 「草間彌生展」、フジテレビギャラリー(東京)

【1983】

  • 「草間彌生個展」、増殖する部屋 魂のふれあいを求めて サプリメントギャラリー(東京)
  • Yayoi Kusama, 1950-1970, Internationale Galerij Ornis, The Hague

【1982】

  • 「草間彌生展」、オブセッション、フジテレビギャラリー(東京)
  • Yayoi Kusama, Galleria d'Arte del Naviglio, Milan

【1980】

  • 「草を燃やす閃光」、アメリカン・センター(東京)

【1978】

  • 小説『マンハッタン自殺未遂常習犯』刊行

【1977】

  • "Art Moscow International Art Fair", Moscow, Russia

【1976】

  • 「死と生への鎮魂にささげる―オブセッショナルアート展」、大阪フォルム画廊東京店

【1975】

  • 「草間彌生展、冥界からの死のメッセージ」、西村画廊(東京)

【1971】

  • "Cage/Painting/Woman", Internationale Galerji Orez, The Hague

【1970】

  • "Self-Obliteration - An Environmental Performance", New School for Social Research, New York
  • "The Republic (designed costumes)", The Free Store Theatre, New York,Nude Happenings(東京)
  • 「Body Painting Happening」, 文芸春秋(東京)

【1969】

  • "Bust Out Happening", Sheepsmeadow, Central Park, New York
  • "Happening", Blue Dome discotheque, New York,
  • "Grand Orgy to Awaken the Dead Happening", Museum of Modern Art, New York
  • "Kusama Fashions Company", Establishes, New York

【1968】

  • "Screened Self-Obliteration at various New York City rental spaces including The Gymnasium", Palm Gardens and Blue Dome
  • Films Flower Orgy and Homosexual Orgy acted and directed by Kusama were produced and shown on TV throughout the United States
  • The Anatomic Explosion, a series of Happenings, staged in front of the statue of George Washington across from the New York Stock Exchange, the Statue of Liberty, St. Marks Church, the Alice in Wonderland statue in Central Park, the United Nations Building, the United Federation of Teachers on Wall Street, the Board of Elections headquarters and on the subway
  • "Nude performance at the discotheque", Electric Circus, New York
  • "Love in Festival", Central Park, New York
  • "Established" Kusama Enterprises Inc
  • "Take A Subway Ride from Jail to Paradise Happening",New York
  • "Weekly Flesh-In", Body-painting stage, Nirvana Headshop, New York
  • "Naked Demonstration/Anatomic Explosion Happening", Wall Street, New York
  • "Body Painting Happening", Avanti Galleries, New York
  • "Staged a protest in front of the Board of Elections", New York
  • "Homosexual Wedding Happening", Church of Self-Obliteration, New York
  • "Nude Happening", the Allan Burke Show, New York
  • "Naked Happenings", Fillmore East, New York
  • "Exhibition of works by Yayoi Kusama from 1963 to 1965", Galerie Mickery Loenersloot, The Netherlands and Internationale Galerij Orez, The Hague
  • "Mona Lisa Happening", Kusama's Studio, New York
  • "Orgy Happening by the Soviet Flag", New York
  • "Yayoi Kusama, Galerie Lichter", Frankfurt
  • "Nixon Homosexual Orgy Happening",New York
  • "Burn the Panties Happening", New York
  • "The Horse by Polka Dots Happening", Central Park, New York
  • "Galleria d'Arte del Naviglio", Milan

【1967】

  • "Self-Obliteration", An Audio-Visual-Light Performance Happening, Black Gate Theater, New York
  • "Serielle Formationen", Studio Galerie, Frankfurt, West Germany
  • "Horse Play (Grouptwoonetwo) Happening",Inter-Arts Festival, Washington Square Park, New York
  • "Horse Play, Self Obliteration by Kusama" An Audio-Visual-Light Performance Happening, Woodstock, NY
  • "Body Festivals Happenings", Washington Square Park and Tompkins Square Park,NY
  • "Kusama Tea Dancers Happening", Electric Circus, New York,
  • "Body-Painting Party Happening", Cheetah Club, New York,
  • "Love Room", Internationale Galerij Orez, The Hague
  • "Happenings with Polka Dots", performed throughout Holland
  • "Body Festival Happening", Chrysler Art Museum, Provincetown, MA

【1966】

  • "Yayoi Kusama, Driving Image Show, Galleria d'Arte del Naviglio", Milan / Galerie M. E. Thelen, Essen, West Germany
  • "Kusama's Peep Show: Endless Love Show", Castellane Gallery, New York
  • "33rd Venice Biennale",Venice,Italy

【1965】

  • "Solo exhibition and Happening", Chrysler Museum, Provincetown, MA
  • "Yayoi Kusama", Internationale Galerij Orez, The Hague
  • "Floor Show", Castellane Gallery, New York
  • "Kusama: Driving Image Show", Castellane Gallery, New York

【1963】

  • "One Thousand Boats Show – Kusama", Gertrude Stein Gallery, New York
  • "Driving Image", Castellane Gallery, New York

【1962】

  • "Tentoonstelling Nul", Stedelijk Museum, Amsterdam

【1961】

  • "Recent Painting: Yayoi Kusama", Stephen Radich Gallery, New York
  • "Yayoi Kusama: Watercolors", Gres Gallery, Washington, DC
  • "Whitney Annual Exhibition: Contemporary American Painting", Whitney Museum of American Art, New York

【1960】

  • "Monochrome Malerei", Stadtisches Museum in Leverkusen, Germany
  • "Yayoi Kusama", Gres Gallery, Washington, DC

【1959】

  • "Yayoi Kusama", First solo exhibition in New York, Brata Gallery, New York
  • "Recent Paintings by Yayoi Kusama", Nova Gallery, Boston

【1957】

  • "Yayoi Kusama", Zoe Dusanne Gallery, Seattle

【1955】

  • "The International Watercolor Exhibition:18th Biennial", Brooklyn Museum, New York
  • 「草間彌生個展」、タケミヤ画廊
  • 「草間彌生個展」、求龍堂画廊

【1954】

  • 「草間彌生個展」、美松書房画廊(東京)

【1952】

  • 「草間彌生新作個展」、松本市第一公民館(松本)